山口県宇部市で信頼できる漢方薬局をお探しなら壱番薬局へ 様々なお悩み改善のお手伝いをいたします。


山口県宇部市の漢方薬局です。アトピー、不妊など様々なお悩みを漢方で改善いたします。
山口県宇部市昭和町4丁目9-4 営業時間:9~19時(土曜日のみ14時まで)

お客様の声

お客様からいただいたご感想を順にご紹介しています。

痔 57歳 男性

30代後半くらいから肛門周囲が盛り上がったイボ痔と排便時に少量出血する痔疾を患う。慢性便秘で下剤を常用しており、お腹が張って便意はあるのに出にくいため、長時間力むことが原因と自己判断していた。この6月に暴飲暴食の翌日に吐き下し、痔の症状が悪化(肛門出口が大きく腫れて激痛)した。市販薬の軟膏を塗っても治らず、座薬を挿入しても緩解しないため、漢方の相談をした。そこで、中医学的には実邪の湿熱(飲食不節の産物)が下注して痔を起こしており、また、30代から繰り返す痔は体の正気(健康を維持する力:抵抗力など)が不足しているためと言われ、それに対応した漢方薬を飲み始めた。服用開始後3日目、腫れはまだ引かないが、痛みは徐々に軽くなって座ったり歩行が楽になった。服用開始9日では腫れが半分程度までになり、出血と痛みは無くなった。それから7日後にほとんど良くなったが、再発が怖くもう5日分ほど飲むことにした。

やせたい

やせたい 51歳 女性

昔は痩せていたが、40代半ばから急に体重が増えて、お腹がポッコリしてきた。食事の量は若い時と変わらないし、間食も10代~20代の頃の方が多いくらい。ただ、仕事のストレスとその発散のために缶酎ハイやビールを飲む量が増えた。過去に食事の量を減らしたり、ウオーキングやサイクリング等でダイエットを試みたが続かないし、あまり効果が得られなかった。そこで、漢方で痩せたという同年代の友人に紹介してもらい、漢方薬を飲むことにした。体重増の主原因は、加齢と冷飲食過多による体の陽気が不足(体の機能と熱量が低下)して、エネルギー代謝の大部分(運動代謝よりはるかに大きい)である基礎代謝が落ちているとのこと。そのため、食事量には関係なく太ってきたとのことでした。体の中心部を温めながら食事を必要なエネルギーになるように健脾温補を主薬として、水湿と痰瘀の滞りを除く薬を一緒に飲み始めたところ、最初の1ヶ月で3.7kg減りました。冷えた炭酸入りのお酒は控えましたが(好みでないのですが、お酒を飲みたい時は常温の赤ワインで我慢)、食事量は変えていなかったので満足しています。しばらく続けて、30代と同じ体重になるまであと7Kgは減らしたいです。

寝づらい・不眠、焦燥感(軽度の自律神経失調症)

寝づらい・不眠、焦燥感(軽度の自律神経失調症) 53歳 女性

早く40歳で閉経。その後に様々な体調不良があったが、最近は不眠、冷えのぼせ、むくみ、ソワソワと焦燥感あり落ち着かないことに久しく悩んでいた。自分でも自律神経系がおかしくなって身体に症状が出ているとわかっていて、病院で処方してもらったことがあったが、体がだるくなるようになって、安定剤や睡眠薬続けるのが怖くなって途中でやめてしまった。だが、体調不良はつらく、漢方薬なら体にやさしいかなと思って相談を受けた。望・聞・問を診て、臓燥を治す滋養安神の薬と陰陽を調和して上下交通する2種の漢方薬を飲むことになった。服用しばらくして、いつのまにか寝ているような日があるようになったが、ソワソワ感はまだある。服用2ヶ月すると不眠と冷えのぼせがだいぶ良い。とある状況で時に強い焦燥感がまだ出る。現在も服用中。

目の渇き(ドライアイ)、目のかすみ

ドライアイ(目の渇き)、目のかすみ 53歳 男性

50歳を過ぎて老眼が進んだ。コロナ下で自宅勤務が増えてパソコンを使う機会が増えてさらに視力が落ち、時間経過で字がかすむ。目が渇きやすく、潤す目薬を頻繁に使うが、使用後しばらくは良いがすぐに乾いてくる。目に良いとされるブルーベリーやルテイン配合のサプリを飲んでいて、かすみは少し落ち着いていた時期もあったが、53歳になった今では効きめが感じられなくなっていた。ネットで目に良い漢方薬があることを知って飲むことにした。仕事上、イライラしやすい性格であったが、中医学ではストレスは目に影響しやすいとのこと。そして加齢による老化も合わさり、目の渇きとかすみを起こしているという。漢方薬は滋腎養肝、明白の効果ある漢方薬を飲み始めた。正直、最初の1ヶ月では効きめが分からなかった。しかし、大切な目のためにと2ヶ月飲み続けてみると、目の渇きは以前より気にならなくなり、パソコンを見ていてかすむまでの時間も遅くなって、いつのまにか目薬を差す機会が減っていた。今後も飲み続けて今の状態を維持したい。

メンタル(食欲不振)

メンタル(主訴は食欲不振) 77歳 女性

昔から几帳面な性格で、細かなことが気になるタイプ。娘(53歳)から小さいことに悩み過ぎて自分で体を壊しているとよく言われる。まったくと言ってよいくらい食欲がなく、体が冷えていて夏でもクーラーが嫌い。夜はいろいろと不要なことを考えてしまいがちで眠れず、日中にウトウトするような昼夜逆転の生活リズムが悪いことは認識している。病院でも薬は出ているが、人から漢方薬が良いと聞いて飲むことにした。漢方相談後、中医学的にはもともとの脾虚体質が消化を助ける肝(肝臓ではなく中医学の肝)とメンタルと密接な心(心臓ではなく中医学の心)が影響しているということで、脾肝心に対処した漢方薬を始めた。その後、漢方の効き目をすぐには感じられなかったが、服用2ヶ月が過ぎた頃には身体が温まってくるようになり(気温が上がったこともあるが)、食欲がさらに無くなる梅雨時期になっても食べたいという物、食べたいという日が少し増えてきた気がする。これから猛暑に向けて夏バテしないよう食欲を増やすため、漢方薬を続けたい。

 

尿路結石

尿路結石 25歳 女性

前にも排尿困難と排尿時の痛み伴う尿路結石の経験があった。10日前に頻回な強い尿意があるが尿は出にくく、チョロチョロと出る時は痛むようになった。他にもお腹と腰に強い張りと鈍痛があって、泌尿器科で検査したら大きめの結石が尿管を塞いでいるとのこと。医師からウロカルンと鎮痙薬が処方され、水分を多くとるように言われた。その後、腹満と頻回で強い尿意&排尿は困難が苦しいため、漢方薬も飲むことにした。尿が熱いと感じて尿意が強いことから下焦に湿と熱があると言われ、湿熱除く利水の漢方薬を服用したところ、3日目の午後に激しい排尿痛(石が出口に移動している?)があった後に、排石となって諸症状が改善。排石後は正常な排尿(排石すぐは血尿)になり、お腹と腰の張りと鈍痛も消えた。

 

肥満

肥満 33歳 女性 159cm 64Kg

外見上お腹周りがすごく太いことを悩み、漢方の相談をした。タイプ的にイライラしやすく、顔も目も赤いとよく言われる。ストレスで過食になることあり、よく食べる↔ダイエットのため食べないを繰り返してきた過去が有る。便通はやや便秘ぎみ。漢方薬は理中湯を中心に、行気解鬱と理気破瘀の薬を一緒に飲み、1ヶ月で3.5kgほど痩せた。体重減少も有難いが、ウエストが少し細く感じることがもっと嬉しい。

頭痛

頭痛 51歳 女性

頭痛が起こりやすく頭痛薬を常用してきた。飲むと痛みは軽くなることもあれば、効かない時もある。最近は薬が効きにくいことが多くなったことと胃のむかつき(鎮痛薬の影響が大きい)がひどくなっていたので漢方で治そうと考えた。頭痛以外には軽度の耳鳴りとストレスがかかるとややパニックになる傾向あり。鎮痛薬は中医学的には苦寒薬に分類され、胃寒になりやすく胃の機能である「降」が失調するため、胃症状以外に頭痛の原因(鎮痛薬の常用が逆に頭痛を誘発)になるとのこと。また、ストレスの影響が大きいと身体の側面に症状(耳や側頭部など)が起きやすく、耳鳴りや頭痛の原因になるよう。また、体が虚弱(加齢や悪い生活環境など)になるとストレスに対する抵抗力が落ちて、頭痛などが慢性化しやすいということであった。胃寒を除き、降の機能を助ける漢方薬と治風・疏散外風の漢方薬を標治(頓用)として服用したらよく効いた。ただ症状が出なくなりよう本治として、今は陰陽調和の漢方薬を飲んでいる。

五十肩

五十肩 57歳 男性

この5月の明け方に肩痛と強いこわばりで目が覚めた。以前から肩の痛みと腕が上まで上がりにくく、病院から鎮痛薬と貼付剤をもらっていたが、激痛になったのは初めて。痛み止めとシップ薬で和らぐかもしれないと6月上旬まで我慢していたが、朝方にヒンヤリして雨が降る日は痛みが強くなりやすく、肩がだんだん固まってくるように思えて怖くなってきて、漢方相談を受けた。年齢や過労、悪い生活習慣により身体の防衛力が弱まったところに、肩の体表部に湿邪が侵入してきたために経絡が阻滞して痛み、さらに寒邪を伴うため寒性収縮によるこわばり(凝固)が起きているということ。体表部を温め、湿が除けて通経の作用ある漢方薬を服用することになった。結果として、良くなるまでに日数は2ヶ月弱くらいかかったが、痛みがほぼ無くなり腕が上がるようになった。

背柱管狭塞症

背柱管狭塞症 62歳 男性

腰部痛と足の痛みとしびれを患い久しい。整形外科で背柱管狭塞症と診断されて、痛み止めとシップ薬を使用していたが治らない。特にこの梅雨時期から痛みとしびれが悪化してきたので、病院治療以外に漢方を思いついた。相談を受けると痛みとしびれは内外の湿が大きく影響しているということで、祛風湿と通経の漢方薬、また、背部を通る太陽膀胱経に関わる漢方薬の2種類を飲み始めた。初回の10日くらいでやや実感できる効果を感じ、続けて次の10日後では症状の7割程度(しびれはほぼ良い)までに改善した。痛みが軽くなってきたので、今は少しの祛風湿と筋骨を補う漢方薬に変更して飲んでいる。

ご相談の多い病気

ご来店予約はお電話かメールフォームから受付中です。

0836-32-9152
    

ちょっと聞いてみたい
身体のこと、病気のこと、
漢方のこと、お薬のこと…
お気軽にご予約ください。

お電話はこちら
メールでのお問い合わせはこちら